埼玉県所沢 04-2937-4271 日曜を除く午後1時より午後7時まで">お電話お待ちしております >> 埼玉県所沢 04-2937-4271 日曜を除く午後1時より午後7時まで

トップ  >  算命学による“道(タオ)”

算命学による“道(タオ)”



算命学による“道(タオ)”の生き方となる起点

道が行われる政(まつりごと)

政治は義によって行われるべきである。といわれます。

義によって政(まつりごと)を行い、義によって世の中を導く。
世界の国家から、日本国の政治家にいたるまで、義によって政(まつりごと)を行おうとしています。

官僚も、弁護士も、皆、“義”を全面に押し出します。

義の本質は“正義”です。
正義は、社会全体の幸福のための道理、考え方です。

これに対して道教の“ 道(タオ) ”は、森羅万象の、この世に見える世界と、この世に見えない世界を貫いている摂理、法則が、“道(タオ)”の世界です。

算命学の陰陽論では、この世の見える世界を有の世界、この世の見えない世界を無の世界といいます。

有の世界は、目に見える世界で、形を形成する世界で、陰の世界です。
無の世界は、目に見えない世界で、原因の世界で、陽の世界です。

この無の世界、原因の世界は、人間の精神だけでなく、見えない無形の世界、霊的世界、神々の世界まで含んでいます。
ですから、太極という考え方があり、易の思想にも現れています。

正義は、有の世界の調和を保つ考え方です。
正道は、有と無の世界の、調和を保つ考え方です。

正道、道(タオ)によって政(まつりごと)を行おうとしている政治家の存在を聞けないことは悲しいことです。

算命学は、先ず、自分における有無のバランスを保つことが先である、と考えます。
そこで、自分の、宿命の干支が持つ無の世界と、有形の生きる環境を一致させることを出発とします。
このことによって、世の中の必要な存在となる起点が動き出します。

さらに、価値観、人生観において、有無のバランス、調和の取れた価値観、人生観、視点をもって世の中を歩み始める時、無形の世界からも必要とされる存在となる気が動き出します。


プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:191 平均点:5.50
前
算命学想定法・定則法
カテゴリートップ
TOP
次
一部内容紹介

暗合化サーバー使用

自然法算命学院開校

自然法算命学院・占い教室・受講生募集

詳しいご案内はこちら >>>

お申し込みはこちら >>>